和久わくこ和久わくこ

突然、部活練習に来なくなった部長。部をまとめる役割は「いじられキャラ」の私にのしかかり、辛酸をなめました。そして、次年度を迎え…

中学最後の大会を前に、行われた壮行式

ここまでのながれ → 自死と事故死の境目「親友の死」①

壮行式での代表あいさつ

中学3年生の夏、コンクール出場直前、校内で壮行式が行われます。

どの部についても、大会の前に行われるものですが、全校生徒の前で部長が抱負を述べたり、各部の活動の一部を紹介するものです。

私が、部の代表として発表する流れです。

1500人の大観衆の前で、何かを言うなんて初めてのこと。

緊張して出番に備えていました。

笑顔全開で部長あいさつをしたのは…

部長あいさつの段となり、呼ばれたら起立するつもりで脇に座っていましたが、

なんと、私が呼ばれる前に「ふー」が登壇したのです。

あれ以降、一切部活に来ていない「ふー」が。

私は、何が起こっているのか理解できませんでした。

壇上に立つ「ふー」は、あたかも、部長としてずっと練習を推進してきたかのような内容を、よどみなく語っていました。

笑顔全開で。

それを見る部員らの表情には、私同様、とまどいや混乱が感じられました。

特に、同学年部員らの表情に、ただならぬ違和感がありました。

人目のない場所に引っ込み大泣き

その後、大会で発表する曲の一部を演奏し、壮行式を終えました。

楽器の撤収作業中、同学年部員のYさんが近づいて来て、

「(あの代表挨拶は)あなたがやるべきだったよね。」と、私に言いました。

私は、大勢の前で何か言うなんて苦手だし、むしろ助かったと言っておいたものの、

 

人目がない場所に引っ込み、大泣きしました。

努力が報われた思い

私にそう言ったYさんは、「ふー」の大ファンでした。

ほとんど信者?と言っていいくらいの。

彼女が「ふー」のおどけた表情や指揮ぶりをマネて、部員らと盛り上がっていたものです。

「ふー」とよく一緒にいる私に対し、「妬けちゃう~」と口にしていました。

「ふー」の不在により私が練習メニューを指示した際も、最も私にきつく当たったのは彼女でした。

そのYさんが発した言葉を聞き、「(つらかった努力が)報われた。認めてもらえた。」という思いが、湧き上がったのです。

「ふー」の行動に対する違和感も、そうとう大きなものがありましたが、

それ以上に、「報われた」という思いが大きかったのです。

 

続きをごらんください → 鮮やかさと混沌の中学時代「親友の死」⑮